kaikoga鉄道

railway.KaikogaLogo-01


本ページでは、本サーバー最大級の鉄道網を保有する鉄道会社であるkaikoga鉄道について述べる。

概要

kaikoga鉄道

kaikoga鉄道(Kaikoga Railroads)は、Farm Towerによって自ら生み出した資源を元手として主にCentral周辺の開発を行うヴォストク鯖最大の私有営利企業であった

現在はというと、クリエイティブ化の波に飲まれ国家からの資金提供により準国有企業となったため、新規路線の建設、ならびに既存路線の改修には複雑な手続きが必要となっているようである。

  • 保有路線
    • Village Line
    • Farm Tower Line
    • Shirawa LRT
    • Kaikoga Line
    • Mofufox Line
    • Tsunkeido Superexpress


新kaikoga鉄道

新kaikoga鉄道(New Kaikoga Railroads)は、かつて存在していたMofufox空港へのアクセスを改善し周辺地域を開発するために設立された第三セクターである。
資金面はなんかえらい人のサポートを受け、kaikoga鉄道は主に技術面・運用面で深く関わっている。

2014/08/28のメンテナンスにおける鉄道業界再編に伴いkaikoga鉄道に買収された。

  • かつて保有していた路線
    • Kaikoga Express(当時)
    • Mofufox Line


ITU

ITU (Impor Transport Union) は、Impor地方の運輸・交通事業を担う国有・私有企業の連合体である。
目玉となる積景道新幹線はImporの最新技術の結晶であるものの、一部の技術についてはkaikoga鉄道による技術提供が行われている。

積景道新幹線は後にImpor地方の外へと延伸され、久恵駅以北の運営はkaikoga鉄道単独で行われている。

  • 保有路線
    • Tsunkeido Superexpress


運賃

kaikoga鉄道/運賃を参照すること。


Village Line

  • 経営母体:kaikoga鉄道
  • ラインカラー:ビリジアングリーン
  • シンボル:KV ← V
  • 起点:Central駅

概要

Central地区とVillage地区の貨物輸送の需要に応えて建設された路線であり、事実上のkaikoga鉄道本線である。

Central駅から北上し、途中山地や水上の高架を経てVillageに至る路線である。
開業当時は貨物輸送を目的とする路線であり、Central駅-Village駅間はCentral駅側のわずかな地下区間を除き、大部分が地上区間、掘割区間、もしくは高架区間であった。
しかし突貫工事によって建設された事もあり、高架区間の一部には手抜き工事や設計上の欠陥も見られ、いいかげんなメンテナンスから事故の発生が心配されていたが、遂に死亡事故が発生、運用責任が問われる事態となった。
駅の設備も他の路線と比較すると古さを感じさせるものであったが、近年のCentral地方の鉄道過密地帯化に伴い地下化や設備改修が相次いでいる。
開業初期こそ莫大な利益を上げていた貨物輸送こそ今は鳴りを潜めているが、過密ダイヤによる通勤輸送はkaikoga鉄道の主要な収入源となっている。

2014年9月4日よりCentral駅-Village駅間で複線化工事が開始、9月18日ごろに完了。あわせてExtreme Hills付近の地下化が行われた。

2014年11月18日より遂にVillage駅以西への延伸が行われる。地盤の不安定な臨海部の地下深くを通り、発展が期待されている。

現在は3両編成によりFarm Tower Lineと一体化したダイヤを構成、New Shirawa駅では通過待避が行われ、速達列車の表定速度の高速化により増え続ける競合路線と戦っている。

1402161517.jpg
爆発事故の現場である。

No. 駅名 各停 快速 特急 ホーム 備考
          (Farm Tower Lineへ相互直通運転)
KV01 Central駅 □3 連絡:Kitune Central駅
KV00 New Shirawa駅     I□I3@  
KV02 Extreme Hills駅 □3@ ※特急はLakeside駅と選択停車
KV03 Lakeside駅 □3 ※快速は土休日のみ停車
KV03a Hinanai駅     □3  
KV04 Village駅 □3  
KV05 East Canal駅   □3  
KV06 West Canal駅 □□3  
KV07 North Guarana駅 □3  
KV08 Momonga駅(仮) □3  


Farm Tower Line

  • 経営母体:kaikoga鉄道
  • ラインカラー:ヘイベールイエロー
  • シンボル:KF ← F
  • 起点:Central駅

概要

地上とFarm Tower、そしてUnderground Loop Lineを相互に繋ぐ地下区間を主とする路線であり、kaikoga鉄道のもう一つの本線である。

Central駅から南下しつつ地下に潜り、Farm Tower地下を経由して要塞地区まで地下トンネルを通ったあと地上に抜け、Kue Village駅に至る。
Village Lineと直通運転を行っており、大半はFarm Tower駅にて系統分離されているものの一部の列車はVillage駅-Kue Village駅間を乗り換えなしで繋ぐ。
かつてはFarm Tower Line Underground支線を通じVillage駅-Vostok駅間を結ぶ列車も営業していた。
その性質上地下深くを通り高低差の大きな路線であり、建設費の高騰が予想されたものの、既存のトンネルを利用するなどにより建設費の圧縮が行われている。
主にMine Parseeの鉱石輸送、また将来は2つのNPC村を結ぶ貨物輸送が利益を生むと予想されていたものの時代の変化によりこれらの重要性は低下し、多くの鉄道路線が集まるCentral地方と開発が急速に進んだKue Village以南との接続が現在における本路線の主要な役割となっている。

2014年9月4日よりCentral駅-Farm Tower駅間で複線化工事が開始、9月18日ごろに完了。10月26日ごろにはFarm Tower駅-Kue Village駅間も複線化された。

Farm Tower駅からCentral駅寄りでは事実上全ての列車がVillage Lineに直通する一方で、Farm Tower駅以南ではStronghold行の各停、Kue Village行の快速、Tsunkeido Superexpress経由でEnkyoまで直通する特急(乗車には特急券およびパスポートが必要)など、バラエティに富んだ運用が見られる。
主に快速や他路線への直通に充当される3両編成と主にStronghold行きの各停に充当される2両編成が混在するが、Ancient Library駅の下りホームは2両分しか存在しない。

2016年2月14日ごろ、Farm Tower駅に折り返し設備が追加され、Farm Tower Line単体で3面5線、Kaikoga Lineを合わせると4面6線の大規模駅へと変貌を遂げた。

Farm Tower Line 本線

No. 駅名 各停 快速 特急 ホーム 備考
          (Village Lineへ相互直通運転)
KF01 Central駅 □3  
KF02 Farm Tower駅 □□I3  
KF05 Asatsuyubashi駅     □3  
KF06 Ancient Library駅   □2/3@  
└>           (Farm Tower Line Stronghold支線へ分岐)
KF08 End Portal駅   □3@  
KF09 Argleton駅   □1/1@ ※一部列車のみ停車
KF10 Kue Village駅 □3 連絡:Kue駅
          (特急はTsunkeido Superexpressへ乗り入れ)


Farm Tower Line Underground支線

Farm Tower Line延伸に伴い、系統分離されたFarm Tower駅とUnderground Loop Lineの接続部である。
Kaikoga駅周辺の坑道の資源枯渇(現在の拠点はMine Parsee駅付近)、
またVostok駅の衰退により需要が見込めず、再利用の方法が見つからなかったものの、
New Central駅周辺の需要を見越してKaikoga Lineへの編入による第三セクター化が決定した。
(詳細はKaikoga Lineを参照。)

Farm Tower Line Stronghold支線

Farm Tower Lineの支線の一つである。
Stronghold駅近辺は付近の構造物との兼ね合いからホームの拡張および更なる延伸が困難であり、盲腸線の様相を呈している。

No. 駅名 各停 快速 特急 ホーム 備考
          (Underground Loop Line 本線へ直通運転)
KF06 Ancient Library駅   ∨2/3@  
KF07 Stronghold駅   │2@  

Farm Tower Line新線

Farm Tower LineのCentral駅-Kaikoga駅間は複線となっている(後に三線化)。
本路線はEcuppok Lineとして運用されていたが、Farm Tower Line複線化に伴い配線が変更された。

Shirawa LRT

  • 経営母体:kaikoga鉄道
  • ラインカラー:モフモフピンク
  • シンボル:L-SW ← L
  • 起点:New Shirawa駅

概要

都市の発展と共に市民の足となるべく敷設された新交通システムである。

New Shirawaステーション駅を起点に都市部を縦貫し大聖堂正面に至り、現在はRumia Villageまで達している。
この路線の最大の特徴は、軌道法によって敷設された路線であるという事であり、他の路線とは異なり超低床の車両を用い、また短い駅間により近距離交通に特化している。
更にNew Shirawaステーション駅-Wackyls6ステーション駅間、およびSanta Roseステーション駅-Rumia Villageステーション駅間には、この路線のもう一つの特徴である道路と軌道の共用区間が存在している。
地上を通るため資材倉庫や大聖堂へのアクセスが良好であり、利用者は多い。
この路線もFarm Tower Lineと同様、Stronghold地域への延伸案が浮上しているが、その場合は新交通システムの性能の低さ(高低差を想定しておらず、登坂性能が低い)、またRumia Village付近の景観や住環境への影響、土地買収の難航が心配されている。

マスコットはしらわんこである。かわいい。

Shirawa LRT 本線

No. 駅名 ホーム 備考
L-SW00 New Shirawaステーション駅 │1  
L-SW01 Kamishirawaステーション駅 │1  
L-SW02 Wackyls6ステーション駅<Mall> │1  
- (廃)Storageステーション駅    
L-SW03 Centralステーション駅 │1  
L-SW04 Santa Roseステーション駅 │1  
┌>     (Shirawa LRT ArkadyExp3支線と接続)
L-SW05 Rumia Villageステーション駅 │1  

Shirawa LRT ArkadyExp3支線

No. 駅名 ホーム 備考
L-SW05 Rumia Villageステーション駅 │1  
┌>     (Shirawa LRT 本線と接続)
L-SW11 ArkadyExp3ステーション駅 │1  

Kaikoga Line

  • 経営母体:kaikoga鉄道
  • ラインカラー:アースブラウン
  • シンボル:KA ← K
  • 起点:Kaikoga駅

概要

かつてはFarm Tower LineとUnderground Loop Lineとを接続する路線であったが、後にNew Central駅周辺のアクセスの悪さを改善すべくUnderground Loop Line、Farm Tower Line方面からのバイパス路線として生まれ変わり、その後Kitsune LineのNew Central駅開業により存在意義が薄れ、更にMofufox Lineの建設により空港アクセス路線の1つとしての新たな役目を背負う事となった、数奇な運命を辿った路線である。
Mofufox Lineとの並走区間は建設費の圧縮のため、2路線が同時に建設された。

現在は並走するEccupok Lineの利便性から、本路線の重要度は相対的に低下している。
それどころか全然高速ではない(アップダウンを考慮するとKaikoga駅-Mofufox Airport駅間も決して線形がよいわけではない)ため、路線名が「Kaikoga Express」であった当時は完全に名前負けした路線となってしまっている。

積景道新幹線の方に注力したいkaikoga鉄道による買収に伴い路線名が「Kaikoga Line」へと変更された後は、よりローカルな需要に応えるため、途中駅の増設を行っている。


No. 駅名 各停 ホーム 備考
      (Underground Loop Lineと接続)
KA01 Kaikoga駅 │2 連絡:Uraroppongi駅
KA02 Farm Tower駅 │2  
KA10 San Kamuyel駅 │2  
KA11 Mofufox Airport駅 │2  
KA12 Karintou駅 │2  
KA13 Umabetsu駅 │2 (Haihan駅まで乗り入れ)


Suzumega Line

New Centralから西に進み、西部地方を貫く構想のみが上がっていた路線である。
本路線の建設計画はMofufox AirportおよびMofufox Lineの計画に吸収される形で消滅し、現在名前はKaikoga LineのMofufox Airport-Karintou間の愛称としてのみ残っている。
Mofufox Line敷設の際に余った予算で造られたものの、微妙な資金不足で線形の悪さから乗り心地は最悪に近く、また予想されていた通り需要が非常に少なかったため、会計的には厳しい状態が続いている。
後にはより高規格でCentralからのアクセスも良好なEcuppok Lineの敷設により一時は本区間の存在意義は完全に消滅したものの、Haihanへ接続した事によって本路線はセカンドライフを歩み始めている。
但し線形は悪い。

Mofufox Line

  • 経営母体:kaikoga鉄道
  • ラインカラー:アカイアンチクショウ
  • シンボル:KM ← M
  • 起点:Snow Hills Airport駅

概要

Mofufox空港とSnow Hills空港の間をNew Centralを経由して繋ぐ空港アクセス路線である。
New CentralからUpper Snow HillsまでKitsune Lineと並走して険しい山を登坂するほか、New Central-Mofufox Airport間はKaikoga Lineと並走して複線トンネルを構成している。
本路線の建設・運営自体はkaikoga鉄道と関連性の深い経営母体が請け負っているものの、不自然な資金の流れが確認されており、一説には本来のSuzumega Line敷設のために確保されていた予算が転用されているとの噂がある。

No. 駅名 各停 エア快 ホーム 備考
KM01 Snow Hills Airport駅 │2  
KM02 Upper Snow Hills駅   │1@  
KM03 Lower Snow Hills駅   │2  
KM04 New Central駅 │2  
KM10 San Kamuyel駅   │2  
KM11 Mofufox Airport駅 │2  


Tsunkeido Superexpress

  • 経営母体:ITUkaikoga鉄道
  • ラインカラー:ラインカラーの概念無し
  • シンボル:駅ナンバリングの概念はないが、システム上 T として取り扱う。
  • 起点:(運賃計算上は)Tottori駅

概要

ある日突然Kue Village駅に接続した高規格鉄道である。
英名こそTsunkeido Superexpressであるが、漢字に直すと積景道新幹線であり、つまり新幹線であり、Imporの鉄道である。
森永駅や久恵駅、そしてその先はそもそもImporの領土ではないはずだが、何故線路が伸びていて、しかもImporの車両が走っているのだろうか?

現在3両編成により運用されており、Tsunkeido駅以外の単独駅については4両編成まではホームの拡張なしに対応可能だが、ホームの更なる延長が構想に上がっているらしい。

余談だが、現在のゆるやかな円を描く代わりに45度カーブを描いて曲がったりなだらかに登坂する代わりに急坂を登ったりする線形は、車両の揺れの少なさを重視した設計ということらしい。
しかしそれがRTM導入の最大の障壁ともなっている。

No. 駅名 音速 光速 ホーム 備考
- Tottori駅 │3  
- Shimane駅 □3  
- Tsunkeido駅 □3@ ※Shimane発着の優等列車は通過
- Haihan駅 □3  
- Enkyo駅 □□3  
- Morinaga駅   □3  
- Kue駅 □3 連絡:Kue Village駅
- New Mafuta駅 □3 ※優等列車はUnahama駅と選択停車
- Soft Lime駅   □3  
- Unahama駅 □3 ※優等列車はNew Mafuta駅と選択停車
- Alpin駅   □3  
- Tsugaru Futamata駅   □3  
- New Hirosaki駅 □3  

駅名標

通常駅

Next Station ---------------  
Next Station Station Name Previous Station
<============== ---------------  
  Line Name  

分岐駅

Next Station ---------------  
<============== Station Name Previous Station
Next Station ---------------  
<============== Line Name  

TSE Style

Next Station    
  Station Name Previous Station
Next Station    
<-------------- -- TSE --  

  • 最終更新:2016-03-21 01:14:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード