Terakaze

寺風地方(Terakaze)

terakaze.png
HUMC地区よりやや東、かつては北部地方の一部とされた地域。
中央からの距離のわりに開拓の時期は遅く、長らく原点標が置かれただけの原野であった。
Snow Hills LineやTsugaru Kaikyou Lineも辺縁部をかすめるだけでこれといった利用はされてこなかったが、
寺風電鉄によるZero Point線の開業とともに沿線の宅地開発が進行し、現在では川端地区を中心として
中央・北部に次ぐ人口密集地となっている。また幅の広い川と海への近さから水運も活発である。

原点(Zero Point)

世界の中心点である座標:x0,z0地点。最初は原点の碑と一面一線の高架駅があるだけだったが、農村としての開発が進み、商店や農地が少しずつ増えてきた。最近は真双や川端への往来も可能になり、寺風地方の中心地として交通の要所に。

花見山公園(Hanamiyama Kouen)

Zero Pointの北側に広がり、多種多様の花が咲き乱れるなだらかな山。現在は東部にZero Pointと川端地区を結ぶ山道があるのみ。山肌に山道を整備し、遊歩道にする計画もあるが、57峰(後述)の噴火により計画が難航している。

川端(Kawabata)

花見山の北の山間に広がる長閑な山村。Zero Pointとは鉄道、山道、運河の3通りの多用な交通網で結びついている。同地方の他の地域にも同様、鉄道や運河での往来が可能。
ゼロポイント線川端駅を中心に民家や商店、船着き場、運河の水門とその設備が備わっており、Zero Point同様交通の要所となりつつある。しかし、水辺や緑などの自然も多く、中央部からの移住者からも評判はよろしいようだ。
なにより、この村の最大の特徴が「廃獄タワー」という巨大な建造物。

向日葵浜(Sunflower Coast)

寺風地方の北の海岸地帯。浜から少し陸に入ると向日葵の花が咲き乱れている。
建造物は高架駅と駅前の小屋のみだったが、北に向けられた巨大な風力発電の風車も完成した。
現在は川端方面からの街道が整備された。

風見崎(Kazamisaki)

向日葵浜と石巻の間の風光明媚な岬。岬の地中に駅があり、その地上部に展望台が設置されている。
駅には足湯も設置されている。
厳冬期は猛吹雪に見舞われ、鉄道もストップする難所である。

石巻(Ishinomaki)

上川端(Kami Kawabata)

川端地区の断崖絶壁の頂上の平坦部を指す。僅かな民家と風車が特徴。風車に利用されるだけあって、当地区にかかる風は強く、結構な頻度で転落事故が起きている。Zero Pointで収穫された小麦がこの地区で加工され、他へ出荷される。以前は登山道での資材運搬が主流だったが、ゼロポイント線の開通により容易に輸送が可能となった。

三国川(Mikuni River)

田辺川(Tanabe River)

川端運河(Kawabata Canal)

川端地区から三国川を介し、天神湖まで船舶で通行することが可能な運河。以前は河岸工事はされておらず、船舶と野生動物の衝突事故が頻繁に発生した。動物はのほほんとしているが、船舶側は予備のボートを取り出すか、岸辺に上がり作業台を取り出すなどの余計な手間を散々かけさせられた。
そこでVSRが動物棲息地帯の河岸を整備し、侵入を阻止するトンネルを建設した。その甲斐もあって船舶の衝突事故は大幅に減少した。
正確には運河部分はトンネルの部分だけだが、交通的な意味合いでZero Pointからの三国川、田辺川を含む水域をひっくるめて川端運河と指すことが多い。

57峰(Mt. 57)


  • 最終更新:2015-11-28 21:41:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード