妖狐鐵道

九重奏駅改装のお知らせ


 平素より妖狐鐵道をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
 2016年02月17日より同月23日まで九重奏駅および雪華線の線形変更改装工事を敢行致します。
 それに伴い、雪華線の九重奏-盆地間が不通となり、
 九重奏駅から盆地駅へ行く場合、九重奏北駅を経由するルートとなりますのでご了承ください。
 旧:九重奏 - 盆地 / 新:九重奏 - 九重奏北 - 盆地
 
 2016年02月20日 追記 ---
 上記工事に伴い、同月23日まで中央線乗り場がご利用不可能となります。
 つきましては、総急線九重奏-中央町間の急行料金を無料とする措置を取らせていただきます。
 ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。
 
                                               2016年02月17日 妖狐鐵道代表 喜緑 三狐神
 

妖狐鐵道 ( Enchanting Foxes Railway )

  railway.妖狐鐵道

 「妖狐鐵道」は、Nonetを中心に活動する鉄道会社。
  旧称:Non Profit Organization Swift Foxx Railway ( SFR )
  略称は「EF」で、「エフ」と読む。

ナンバリングについて

 ナンバリングの英字部分は「EF」と路線名の頭文字を組み合わせたものとする。
 例:Central Line → EFC00

中央線 (ちゅうおうせん - Central Line)

英名 和名 路線識別表
Central (1 depot) 中央町一番線 EFC
01
             
New Central 新中央町 EFC
02
             
Cathedral 大聖堂前 EFC
03
             
New Kaikoga 新蚕蛾 EFC
04
             
Central (3 depot) 中央町三番線 EFC
05
        EFE
01
   
Cime Town こずえ町 EFC
06
             
Nonet 九重奏 EFC
07
EFS
01
EFG
01
  EFT
01
EFE
02
   
East Nonet 九重奏東 EFC
08
             
West Alpin 西高山 EFC
09
             
Alpin 高山 EFC
10
             
Ground 接地 EFC
11
             
Ranipool ラニプール EFC
12
             
Adonis 福寿 EFC
13
             

雪華線 (せっかせん - Snowflakes Line)

英名 和名 路線識別表
Nonet 九重奏 EFC
07
EFS
01
EFG
01
  EFT
01
EFE
01
   
North Nonet 九重奏北   EFS
02
           
Cuenca 盆地   EFS
03
           
Soft Rime 樹氷   EFS
04
           
Stellaria Nipponica 岩爪草   EFS
05
  EFM
01
       

月魄線 (げっぱくせん - Geppaku Line)

英名 和名 路線識別表
Nonet 九重奏 EFC
07
EFS
01
EFG
01
  EFT
01
EFE
01
   
North Nonet 九重奏北   EFS
02
EFG
02
  EFT
02
     
Kleine Scheidegg クライネ・シャイデック     EFG
03
         
Jungfraujoch ユングフラウヨッホ     EFG
04
         

千葉線 (せんようせん - Mille-feuille Line)

英名 和名 路線識別表
Stellaria Nipponica 岩爪草   EFS
04
  EFM
01
       
Stellaria Diversiflora 沢繁縷       EFM
02
       
Mille-feuille 千葉       EFM
03
       

地下鉄靈守線 (ちかてつたますせん - Tamus Subway Line)

英名 和名 路線識別表
Nonet 九重奏 EFC
07
EFS
01
EFG
01
  EFT
01
EFE
01
   
North Nonet 九重奏北     EFG
02
  EFT
02
     
Tamus (Subway) 地下鉄靈守         EFT
03
     

総急線 (そうきゅうせん - Synthesis Express Line)

英名 和名 路線識別表
Central (3 depot) 中央町三番線 EFC
06
        EFE
01
   
Nonet 九重奏 EFC
07
EFS
01
EFG
01
  EFT
01
EFE
02
   
Lisica Лисица           EFE
03
   

福寿線 (ふくじゅせん - Adonis Line)

英名 和名 路線識別表
Nonet 九重奏 EFC
07
EFS
01
EFG
01
  EFT
01
EFE
02
EFA
01
 
Adonis 福寿 EFC
13
          EFA
01
 


廃線になった駅・路線

独立廃線・統合廃線

廃線日 英名 和名 分類 統合先
2014/08/24 Uvarovite Line - 統合廃線 Central Line
2014/08/24 Central Loop Line - 統合廃線 Central Line
2014/07/20 Lisica Line - 統合廃線 Uvarovite Line
不明 Nature Park Line - 独立廃線 -



  • 独立廃線
    • その路線のみで完結しており、なおかつその路線全部が廃線になった場合の名称。

  • 統合廃線
    • 別の路線に組み込まれたりした際に名前だけが無くなった路線の名称。
    • また、独立廃線したうちの幾つかが営業路線として残った場合もこちらの呼称になる。


廃駅

  • Nuclear Reactor Sta. (Nature Park Line)
    • 原子炉の前にあった簡易駅。
    • ホームは1面2線。周辺は鬱蒼とした森しかない。

  • Nature Park Sta. (Nature Park Line)
    • 原子炉の南方に位置した駅。
    • 廃駅にする時点で石造の駅舎はボロボロだった。

  • Serpentine Sta. (Central Loop Line)
    • 地上路線だったCentral - Kyanite間を高架化する際に廃駅になった。
    • こちらも史料として残す計画だったが同意の上で爆破解体した。
    • 現在は整地されており、跡地は草原になっている。

  • Thorogummite Sta. (Central Loop Line)
    • 地上路線だったCentral - Kyanite間を高架化する際に廃駅になった。
    • 1面3線の小型駅で駅舎は無くただ時計とホームがあるのみだった。
    • ここからKyaniteまでにあった石造の橋脚は一部が残されている。
    • メインの高架橋部分は爆破処理されたため残っていない。

  • Kyanite Sta. (旧Central Line)
    • 撤去直前時点では高架駅で、3面5線だった(そのうち2線は未使用)。
    • 北部へのアクセスと、乗り換えのしやすさを考慮した駅構内だった。
    • 近くには原子炉があり、さらにとある住民の敷地にも近かった。
    • また、乗換駅としての機能もなくなったため、Uvaroviteまでの時間短縮の目的で撤去。
    • 現在は更地となり、綺麗な草原が広がっている。

  • Ranunculaceae Sta. (Ranunculaceae Line)
    • Ranunculaceae線の終着駅として建てられた中型駅。
    • 利用者の少なさ(0.12人/日)と路線の維持コストの高さから廃駅とされた。
    • 他地域への延伸が計画されていたため4面3線という頭端式ホームだった。
    • 建物自体は(取壊し費用節約のため)そのままにしている。

沿革

  • 2015/03/15
    • 中央急行線(Central Express Line)を総合急行線(Synthesis Express Line)に改名
    • Uvarovite(灰鉻柘榴石)・North Uvarovite(北灰鉻柘榴石)をNonet(九重奏)・North Nonet(九重奏北)にそれぞれ改名。

  • 2015/03/13
    • 社名を「妖狐鐵道」に改名。
    • Zusammenfluss U-Bahn LineをTamus Subway Lineに改名。

  • 2015/03/10
    • Ranunculaceae LineをSnowflakes Lineに改名。

  • 2014/12/05
    • Ranunculaceae駅の廃止が決定し、Ranunculaceae - Stellaria Nipponica間が廃線となった。
    • UraRoppongi駅をCathedral駅に改名。
    • C2L LineをCentral Lineに改名。

  • 2014/08/26
    • Kyanite駅の撤去作業が完了。現在は更地になっている。
    • 旧Central Lineと旧Uvarovite Lineの接続作業が完了し無事C2L線が開通した。

  • 2014/08/24
    • Kyanite駅をデータ上廃止。サーバが停止しているため撤去作業はまだ行われていない。
    • 上記に伴いCentral Loop LineとUvarovite Lineを併合し「C2L Line (Central to Lisica Line / シーツーエル線)」に名称を変更。

  • 2014/08/03
    • Thorogummite - Kyanite間にあった高架橋の爆破解体工事が行われた。
    • 同時にThorogummite駅とSerpentine駅が事実上廃駅になった。
    • 新しい高架路線を敷設していないため現在もCentral Loop LineはCentral - Kyanite間で不通である。

  • 2014/07/30
    • Jungfraujoch(ユングフラウヨッホ)駅が完成。
    • 上記に伴いCuvelia Skyisland(キュベリア・スカイランド)の整備が完了。

  • 2014/07/20
    • 「Corundum Line」を「Uvarovite Line」に改名し、「Lisica Line」を吸収。
    • 上記に伴い「Лисица駅」を「Lisica駅」に、「Лисица Area」を「Lisica Area」にそれぞれ変更。
    • 「Central Line」の名称を「Central Loop Line」に変更。
    • 上記に伴い「Central駅」を「Central 1番線駅」と「Central 3番線駅」に分轄。
    • 全路線のラインカラーを変更。

  • 2014/07/19
    • 廃線となった旧Ecuppok線を転用しCentral Lineを「Central駅」の1番ホームまで延伸。
    • 上記に伴いCentral Lineの起点を「Central駅」へ変更。

  • 2014/07/18
    • 「UraRoppongi駅」と「New Central駅」、「New Shirawa駅」が開業。
    • 上記に伴いCentral Lineの起点を「New Shirawa駅」へ変更。

  • 2014/07/09
    • (Mille-feuille駅を除き)全駅でラインカラーの導入が完了。

  • 2014/07/08
    • 主要駅と一部の駅にラインカラーの導入が先行して完了。

  • 2014/06/29
    • 「Alpin駅」と「Lisica駅」が完成し、それに伴い「Lisica Line」が同日開業。

  • 2014/06/24
    • 「Stellaria Nipponica駅」が完成。

  • 2014/06/16
    • 「氷城駅(現 : Soft Rime駅)」が完成。

  • 最終更新:2016-02-29 23:36:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード